2018年06月11日

サブラベルズ

なんか
めちゃくちゃ久しぶりにここへきました。

何度か書きかけたけどついつい空いちゃった。



先日たまたま手に取った
バーンジャパンに
サブラベルズのインタビューがあって
びっくりしてて

ついサブラベルズを検索したら
アンセムの柴田さん
マサ伊藤
サブラの喜一さん
の対談約60分があって、

聞き入ってしまいました。

まさかあのサブラベルズがほぼオリジナルで再結成するなんて!!!

サブラベルズというと
自分がメタルに興味を持った時期
名前だけは知っているけど
とても中学生が手に入れられるバンドでは無いというか

メジャーだけどメジャーじゃ無いみたいな。

ですから、インディーズ時代のCD再発の際
それを手に入れて
フルアルバムはそれが最初でした。

ただ、私的にはとても思いの深いバンドで
自分がライブハウスデビューして間もない頃
対バン組んでもらったのがサブラベルズでした。

後で知ったのですが、その時は既にメンバーはメジャー時代の人たちではなかったのですが、
高校生のホヤホヤにはそんなことは関係なく
迫力のある演奏でめちゃくちゃ感動した覚えがあります。

その後も何度か対バンをさせて頂いたのですが、
気がつくとトリオ編成になっていたり、
終焉に向かっているのだなーと
何となく感じました。

まー自分も若かったですから
良い印象しか残っておりません。

そんなサブラがほぼオリジナルメンバー・・・・
いや、石橋さんはメジャーからだから
オリジナルメンバーだ!!!!

うーーーー
アルバム一枚しか聞いたこと無いけど
行こうかな・・・・

でも、不安要素も満載
その日はアンセムの主催企画で
もしかしたら
この頃の曲ばかりやるのかな・・・
そうしたらついて行ける・・・
でも、森川さんだものなー

一個目は柴田さん率いるカバーバンド
しかもツインギター
ボーカルは小野正利(この方も当時対バンさせていただきました)
ってことはあの辺のリジーとかサソリ団とかかな
もっとマニアックなのか??

森川さんはメタリンピックで生で見て
全然気づかないで
すごいボーカルがいるもんだと思っていたら
森川さんだった。
当たり前だ!!!




サブラベルズと対バンさせてもらった以降も
いろいろな方とやらせて頂いて
しかも、当時はドラムも自分のセット使ったりするから
ステージ横にはいつも2〜4SETのドラムが置いてあるのです。

もう、あこがれまくったねーー
結果、流れでドラム売ってもらって
しかも小屋に置かせてもらえて

高校生ながらに自分のセットを叩けるという経験。

本当に貴重ないい経験だった。
(まー思い出せば色々ありましたけど・・・・カテゴリー19-72参照)

この頃の経験、体験が無ければ、ここまで熱中していなかったと思います。
三つ子の魂百まで。
じゃないけど、
バンド的に赤ちゃんだったから、
ある意味そうでしょう。

そんなことを
久しぶりに思い出させて頂いたここ数日でした。
(ちなみにナウ音リスニング ルルドの泉>。<)

結果、迷っていかなそうですが・・・・・
posted by ゴリ at 18:29| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする