2021年01月14日

高級なジン


前回の緊急事態の時か?

奮発して5,000円超えのジンを買ったんだ。

飲もうと思って、ボトルのフィルムを剥がそうとしたら
しめっていたんだ(−−;

液漏れ>。<

何か味に問題は無いかと少しなめたんだけど
何かノドに引っかかる感じ・・・

その後も何かあまり飲む感じにならなかった。

返品も考えたけど、空ける前に気づけば良かった・・・

少し飲んだんだけど何か体が拒否反応を起こしている感じ(−−;・・・・
じじじん.JPG

ボトルはかっこいいだけど・・・・



で、しばらく家飲みもしなかったのでそのまま放置

しかしながらまたこんな状態になってしまい

炭酸でかなり薄めにして、飲んでいたらようやく

完パケです。

やっぱり、ジンはゴードンとかタンカレーとか
スタンダードが一番だすな。
posted by ゴリ at 17:48| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キングクリムゾン 全史


ぶっちゃけ
買ったっきりで開かない本結構あります。

しかしながらどうしても買いたくなるというものもございます。

キング・クリムゾン全史 混沌と錬修の五十年 (ele-king books) - シド スミス, 大久保 徹, 島田 陽子
キング・クリムゾン全史 混沌と錬修の五十年 (ele-king books) - シド スミス, 大久保 徹, 島田 陽子

しかしながらいざ開くと少しずつですが読み進められるのです。
好きだから。

本当にその当時の細かいところまで書いているので全く??な部分は多々ありますが、
どのようにクリムゾンが始まり、なぜ1STのラインナップは1枚で終わったのか今まで聞いた話が
本人の談も含め振り返って語っていたり、なかなか面白い内容です。

久々にコレクターズクラブのデビュー前のライブなど聴いていてやはりこの頃の布陣は最高だと思いました。
ジャイルスのドラムソロなんてむちゃくちゃかっこいい
なんだかんだこの時期のクリムゾンにも相当影響を受けているなと改めて。

そしてフリップ自身ふん印していたリザード、アイランズ辺りは実は完全スルー気味でむしろキースティペット付近を聞いておりました。

この本をきっかけにこの辺のコレクターズも買うことになってしまおうであろうことにおののきを感じながら

いよいよここから自分がいちばん影響を受けた
音で聞いていた
太陽と戦慄から74年リミットを超えるまでの恐ろしいロードを今度は文字で見るのだ!!





KIMG1306.JPG

超安く買えます
Italian Arias & Sacred Songs - King Crimson
Italian Arias & Sacred Songs - King Crimson






posted by ゴリ at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする