2012年11月08日

みとう庵

以前こちらで行いました。
大塚周辺、麺類ランキング

その何位か忘れましたがこちらの店

みとう庵みとう.JPG

結構前から有り、1回お休みしてたりとか不安定な店だった記憶がありましたが
最近行ったら、あらびっくり、クオリティーもアップし、お店の雰囲気もUP

ここ最近利用しておりますが、お気に入りです。
ざるそばが400円程度と立ち食いに毛の生えた程度の値段で大塚2、3番目に旨いそば屋です。

キリンラガーの中ビンと野菜天2種、ちくわ天を頼めば豪華な晩酌セット
天ぷらそれぞれ100円 ビールも確か400円程度晩酌セット.JPG

一人で安か仕上げるには
今、大塚で一番お勧めのお店です。


posted by ゴリ at 17:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独偏ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

地元麺類ランキング 最終回

長々とお付き合いありがとうございました。

地元麺類ランキング

今回が最終回です。

かなり粗い、案内でしたが
気になった店がありましたら、質問してください。

それでは
5位から1位まで
一気にGO===


5.喜多方 小法師

チェーン店です。フランチャイズでしょうか?
ここはラーメン屋と言うよりはごはんと肉とスープとネギがメインなのです。自分にとっては(あれ?麺ランキングだよね・・・・)


基本ネギチャーシュー麺と半or並ライスを頼み、チャーシューとネギで食している時が一番のピークです。麺はその次です。と言う観点からこの位置ではない気もしますが、あーあれ喰いたいと唐突に喰いたくなるエネルギーが半端内のでやはりここですかね。
最近ネギ皿を発見しまして、それは白髪ネギたっぷりと角切りチャーシュー入りのさらで
正直、そのチャーシューが旨い、ですんで、ラーメン麺堅とネギ皿、ライスが最近の注文です。ネギチャーシュー麺+ライスより100円以上やすいのです&チャーシューがより好みなのです。まー正直麺半分にしてライス付けて欲しい感じです。
消して麺が不味いわけではありませんが、好きは好きです。ただ、ごはんがススムくんなのです。


4.秀美

正直、この場所でよいのか?と思われる、台湾料理の名店
ここのもやしそば、タンツーメン、カンツーメン、ワンタン麺どれも好きですが
正直、以前の方が最高だったので&基本ラーメン屋ではないので、この順位、ラーメンは本当にごく普通のらーめんですが、少しオリエンタルを感じる味が後を引きます。
また、麺が結構良いたまご麺でこれが密かに癖になるんです。
以前は八角が入っており、それが本当にポイントだったのですが、日本人に併せたようで
変わってしまいました。ここは炒め物が旨いため、炒めを上にのせた麺がやはりおすすめで、価格的にももやしそばが一番のお勧めですかね〜
コショウやラー油をかけたければかけつつ、普通に食していただき、半分くらい行ったら
是非、特製辛い奴を入れて食べてください。
「秀美さ〜ん、からい奴」で通じます>。<

タンツーメンは量的には半ラーメンくらいの大きさで麺も異なります。
基本全て、味がしっかりしている麺なので堅目で注文しましょう。

基本小皿料理がメインで飲むのがメインです。食事だけでしたら20時くらいまでがお客さん少ないですからお一人様はその時間帯がよいかとあとは1時以降ね>。<

因みに大塚で今一番行く店がここです(―。―;

追伸:先日初めて、焼きそばを食しました。
激烈に旨かったです>。<





今週のスポットライト〜〜〜〜〜〜〜
というか、ひとつ入れ忘れました兵衛門>。<
出逢いは8年前ですか、最初に喰ったときからずっと好きだったのですが
ある理由からあまり行けなくなりました。
新大塚と茗荷谷の間にあり、あまり立地は良くないのですが、昼は必ずマンパンです。
ラーメンは素直な味で飽きの来ない感じで最後まで特に変化無しで頂けますが、私は
辛み調味料が好きなので大量に入れます>。<
ふつう、おおめ、もっと多めが同額でありますので、お好みに併せて。
因みに木曜だけ(最近は分からん)平打ち麺でそれがもの凄く旨いのでそれにあたるとラッキーです!!!

3.虹ライオン

正直、新大塚から歩くと遠い、本来は茗荷谷になります。

ターミナル駅にあれば行列店必死の店です。
それぞれのクオリティーが高い

ラーメン
もちろん、麺堅めで注文です。
麺があまり食べない感じのオーソドックスなんですが味わいが深いです。
きざみタマネギなどの具もバランスが良く、あまり、アレンジしなくても最後まで美味しく頂ける一杯だと思います。あっさりなんだけどしっかりしているスープはご飯も進みます。
つけ麺
釜揚げ風あつがけの食べ方がスープも冷めず、麺の味も損なわれずお勧めです。
と思っていたのですが、やはり、きちっと冷水で冷やした麺の方が旨いです。
ここのつけ麺の場合間違っても堅めにしてはなりません。通常がベストです。
あつがけの際は堅めが必須です。
特別な食べ方はありませんが、中の肉が旨いのでご飯を注文することを進めます。
つけだれは正直しょっぱいので少しつけ汁が冷めた頃1回スープを足すのも良いかと思います。白コショウがあまり他に置いていないタイプの感じなのでたらふくかけてしまいますが、お好みでどうぞ。添えてくるスダチをつけ汁に入れてしまうと途端にえぐくなるので気をつけましょう。麺にかけるのが良いかと思います。



2.蕎麦岩舟

TOP10内では唯一の蕎麦屋
正直、ここで飲食するのは結構はるので、給料日後に1,2回訪れる程度です。

自分の蕎麦の基準の店です。

代が変わって急におしゃれになった蕎麦屋でまー良くありがちですが、蕎麦は旨いです。
時期によって、そば粉の仕入れる地域が違い、蕎麦の味も異なるのが魅力でもあり、少しもあります。先月行ったときはもう少しの味でしたが、基本ポテンシャルは高いので安心です。
いつも自分が頼むのは天ザル、板わさで、天ザルは天ぷらを先に出してもらい、
板わさ、天ぷら、お通しをつまみながら、昼から飲むというのが ここの喰い方です。
蕎麦屋だけに色々な肴があり、時間があるときはビール以外にも酒を頼み、馳走で一杯なんてことも、気持ちと金に余裕があるときに行きたい店。麺の限りではかなり上なのでこの順位です。



自分のラーメンという食べ物の定義の中でバランスシートが一番良い店がここかも知れません
第一位
大勝軒 大塚店

昔、折戸通りにあった、のれん分け店が1,2年前に移動、しばらくの閉店後のオープンでした。
巣鴨の大勝軒はよく行っていたのですが、冷やかし半分で入った大塚に今は夢中です。

大勝軒の名前がある店は幾度と入りましたが、それぞれ似て雛もの
どこもそれぞれの味です。

その中で麺、スープ、具のバランスでうねる大塚の店で今の段階ではここが一番と感じております。

好みを言えば麺が比較的柔らかめのもちもち麺なので、自分の好きな食感こそなけれど

堅めが填ったときのと上手さは
「うん。これ!!」とうなります。
個人的には3ヶ月前の休みの時に喰ったのが、今までで一番良かったです。ってなんじゃそりゃ>。<

しかしながら通い始めて1年弱今だつけ麺は食しておりません・・・・
どう考えてもラーメンより旨いわけがないと思うからです。

野菜ラーメン
これかこれにチャーシューをトッピングしたもののみの注文です。

野菜ラーメン、チャーシュー、ビンビールを券売機で購入
ビンビールはアサヒとキリンなので銘柄を伝える
チャーシューは先出しを願うこと。
冷えたグラスとビール、お通しが出てきますので、それをつまみながらラーメンを末

@ お通しの皿に特製ラー油を下に沈殿してある唐辛子と共に2,3杯あっ、勿論ラーメンは堅め、出来ればうんと堅め
A チャーシューは5枚出てくるからつまみにするのは3枚までね>。<
B ラーメンが出てきたら、その日のバランスを確認、その後チャーシューを全てスープの中に沈める
C 麺を少量すくい、先程のラー油が残っている、小皿に入れ、あえて食す、×2回
D 1/3くらい普通に食す、その後特製ラー油の唐辛子を出来る限り入れる(そんなに無いので1,2杯程度+液体を1,2杯
E 特製辛し味噌も旨いので少量麺とあえることを進める
F 2/3を過ぎる頃、上の野菜をまんべんなく混ぜる、こうすることで炒めた油の香ばしさが広がり、良い感じ
G 後は一気に喰らうのみ
ビールも一番好きな銘柄だし、お通しも丁度良いし(大勝軒ならおはこの方が良いけど)
やはり、この地域ではここがトップです。もう少し範囲を広げると茗荷谷の台風の冷やし油そばが出てくるからそちらと均衡してしまいますが、大塚ならやはり一番です。




別にラーメンなんてものは特別なものではないと思います。
今やラーメンブームもピーク、それなりの駅を歩けば5,6店は確認できます。
おらが駅新大塚だけでも駅50M以内に7店舗ラーメンを出す店があります。

しかしながらラーメンには色々あり、尚かつ最初に食したラーメンが基準になりやすく
人によってのツボがまちまちであります。

正直、
「ん〜〜〜!!」と、うなってしまうものは滅多にありません。

どちらかというと
{ん〜〜〜〜ん??}と言う方が多い気がいたします。

しかしながら、その存在自体に恋した自分はただひたすら麺類を食べ続けるのです・・・

また、一人者にはとても楽な食い物と言うこともあります。
よほど混んでいない限り、5分くらいで出てきますし、喰いやすいですし。

しかも、少しぐらい好みが違っても、コショウ、酢、唐辛子、ラー油があれば
いくらでも自分に寄せられます。

ラーメンには色々ありますが、良いラーメンの最低条件は
食い終わってからしばらくはその余韻に浸れる
これが最低条件です。
昨今、妙に味がぼやけたラーメンが多く、食べてる途中から口の中に違和感を感じ
店を出る頃にはモヤモヤばかりで速く口をリセットしたい
何て店も結構あります。今回大塚新大塚で取り上げた中の1/3がそうかも知れません。
後はバランスですね。麺が旨い、スープが良い、具が良いをそれぞれが突出していなくても良いから、バランス良くドンブリに収められているこことが、前提だと思うのです。

まーそれが凄く難しいんでしょうけど。

あとはやはり麺屋なのですから、麺だけはちゃんとして欲しいというのがありますね。

どうしても、つゆ、スープにこだわりがちですが、そこに合うレベルの麺を提供しなければ、当然味はばらつくわけです。
逆に福しんなどは特別旨いわけでもありませんが、バランスが良いのです。
だから、良いのです。
デフレパードのヒステリアも名盤、シルバーマウンテンのファーストも名盤
と言うわけです   どういう訳??

改めて、ラーメンと向き合った今回

結論としては
これからも食い続け 悔い続けます。

意識しだしたら、麺を出すところで
まだ、言ったことのない店が2,3軒ありました。

これからも素敵な麺に出会えますように

HAVE A NICE
LUNCH TIME 

& 麺LIFE

SEE YOU
posted by ゴリ at 12:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独偏ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

地元麺類ランキング 

一応吉野は流し見してくれているらしい

大塚在住 必見??

麺類ランキング

正直、読むの疲れると思いますので
分けます

10〜6までを〜〜〜〜

カウントダウン!!!




麺と言っても色々ございます。

その麺によって、スープやソースが変わって、またそれがその麺自体の個性を引き出すことになります。

しかし、その麺とスープの相性を間違えると、もうその器に興味を持つことが出来ません。
しかしながら人の好みはそれぞれ
何故この麺?と思っても、人によってはそれが好み
地域、環境、仲間、兎に角個人差は激しいと思うのです。

よく、ラーメン屋に於いて、頑固系というか
コショウとか調味料を一切於いていないところがあります。

この味が完璧。どうぞ、このスープをご堪能あれ、と言うスタンスなのでしょうが、
最低でもコショウ、酢、唐辛子は卓上して欲しいものです。
そのチョイスもラーメン屋の腕の見せ所
このスープに黒コショウ?と言う店も結構あります。
しっかりと風味の聞いた一味を置いている店は大概旨いし、市販の一味を無造作に於いてあるトコは味にムラがあったり。
その器の可能性はまだあるので、是非、少しは
置いていて欲しい。
と言うか、その辺の調味料が置いてあると、いざ、好みじゃない味でも
何とかなるというのがあります。
自分はラーメン自体好きなだけで、不味くなければ、どんなラーメンでも良いんです。
後はその辺で調節して喰うので(その調節の仕方が以上だけど・・・・・)

ですんで、ベスト10に関しましてはその食い方も含めて紹介します。
正直、10位以下の店も差異はないです。
行く頻度とその商品に関してのランキングです。
居心地や総合点で考えたら、全然違うことになります。




10.武蔵野うどん
最近、行く頻度が多くなっております。
680円で大中小が同額なのが魅力です。
頼むのは肉汁うどん つけうどんなのですが、あつあつの汁の中に
豚肉、おあげ、輪切りのネギなどが入っています。
ここでポイントは自家製ラー油と黒七味(山椒)
これが重要なのです。
大盛りはかなり量が多く満足度は二郎くらいあるかも
頼むのは肉汁うどん、同じような商品でキノコ汁うどんなる物があるがつけ汁の温度が全然違うので注意。

@2,3口プレーンを頂く、結構コシがあるので、注意。
Aその後特製ラー油をお好みで(3杯以上は入れて欲しい)
B2、3口それで喰った後、底に沈めるように入るだけうどんを入れる
C底のうどんはそのままにしつつ、黒七味を大量に入れ、付けて食す
D底のうどんをすくい上げ、食 良い具合に熱が入り、味も染み、丁度良い食感に
Eそれと入れ替えるようにサラのうどんを底に入れつつ、上澄みのうどんを食する
Fここでかま湯を注文※かま湯とはそば湯同様ゆで湯のこと
Gまんぱんにうどんを入れ、その上からかま湯をかけ、つゆをすする(この際、黒七味をかけることを進める。
Hその後、再度かま湯をかける(最初のかま湯はうどんを温める為に)
Iバランスを見ながら、かま湯をかけ、つけ汁をそのまま飲めるくらいに薄め、温うどんの完成、それを活きよい良くすする
以上
絶対、温盛りはやめよう、温盛りは麺を一番不味くする食い方だから
ただ、つけ汁が冷めるから温盛りという考え方はナンセンスだ
つゆが冷める>麺の味が変わる何て考え方ならスープストックでも行けばいい

9.さぬきや
正直、地域で書いているので、それほど店のランクに違いがない
行く頻度もあまり変わらない、逆に今は10位の方へよく行っている気がする。
基本、皆さんが食しているのはスタンダードなうどんです。
薄めのお出しに茹でたてのうどんはとても落ち着く味で何倍でも行けそうですが
茹でたてでないと絶賛は出来ないのです。
そんな中自分がここで良くする食い方は

@ 豚汁うどん(茹でたてなら大盛り)を注文
A 出る直前に半ライスを注文
B 豚汁定食(お新香も付いてくるよ)
C まず、普通に2,3口 七味をかけて、1,2口、無料の揚げ玉を少々2,3口でとりあえずうどんだけ一気に食す。
D 残った汁に揚げ玉、七味をふんだんに入れ(自分の適量の多めで)ご飯をどぼ〜〜ん
E よく混ぜるゴマを振りかけ、後はただ、喰うのみ
F 結構、ここの七味が変にくたびれている感じが好きでこの食い方に良く合うのです。
G その他のものは10回に一回程度です。
追伸:最近豚汁が置いていなかったので、半年くらい行ってません。
空きすぎて、行きにくい感じになっております(――;

8.帝旺

ん〜何度も言うけどこの辺にあまり差はないのだよ。
ベストテン内は基本同率くらいの感じ
から油そばが看板、ウン確かにこれだけで良いかも。
@ まずはから油そば、特盛りを注文(そんなに麺の量がないので、特盛りでふつうのつけ麺の大盛りくらい。それか大盛りとライス(これも後々良い)
A まずは全体を一混ぜ軽く味を見た後お好みで特製ラー油を(これはとりあえずかけておいた方が良い)
B 乾燥豆板醤なども置いてあるが、このドンブリに一番合う調味料は白コショウこれがもの凄く合う、かなり多めでかけること進める
C で、ご飯注文している場合ちゃーしゅうはごはんと喰うのを進める、
D 間違えても残った汁にご飯をぶっ込むなんて事しちゃだめ、さすがに濃すぎ>。<
E 麺に絡むつゆを利用して、ご飯は食していこう

7.夢あかり

ここで少し差が開きます。つけ麺をあまり好まない自分が食べ始める切っ掛けになった店ですが、そこまで旨いと言うよりはオープン当初はラーメンよりつけ麺の方が旨かったからです。
ラーメン、つけ麺、油そばになります。
ラーメン(豪華版)
@ ラーメン堅めを注文 辛ネギも
A スープを2,3吸い、麺を1,2吸い後、辛ネギを投入でなるべく辛みを皿に残しておくこと、そのお皿にめんを入れ、残りの辛みを絡ませる。正直全ての工程のここが一番旨い、この店の全ての中でこれが一番旨い。じゃー辛みだけ貰ってラーメンに入れればと思うのだけど、それもやったんだけど違った。このネギを絡ませた残りと堅めの麺のコクがベストマッチングな要です。
B で、その後は普通に食すのですが麺とスープの食する割合を4:6。スープが減るように食べる。
C ここのポイントはつけ麺用のスープがカウンターに置いてあることこれを使わない手はないのです
D 少し麺が突出しているドンブリに一味、コショウ、酢を中心部に振りかける(それなりの量が必要)
E そこにスープを適量かける。そうすると酢とかが良い感じにスープになじみちょっとしたブレイクにで、全体的濃いめの元々のスープの変化として良い感じに
その後はただ、喰うのみ

つけ麺
@辛つけ麺を食券機で購入
A決して、温盛りなど頼まないように・・・堅めは本当に堅いの好きならどうぞ
B麺の上に半円状で辛みふりかけがのっています、麺の半分くらいに辛みのふりかけをまぶし、熱々のつけ汁に、この際下の部分に少し浸ける程度で良し、つけ汁と辛みが口の中で合わさります。ここのつけ汁は本当に熱いので注意
C例によってつけ汁の底に麺を沈めます。基本しばらくつけっぱなしです。
D多少冷めてしまいますが、表面部のつけ汁を使い、しばらく食す
E皿の麺が少しになったら、それを全て椀にいれる
Fこれに全体にスープをかけすすります。この際らーめんの最後と同様各調味料を振りかけることもあります
Gそれを2回繰り返しますが、2回目はスープは飲まず、まずかき回してください。
H新しいドンブリの出来上がり>。< 底の麺が結構熱くなり、味も染みてますので底からすくい上げるようにして、喰うべし、喰うべし
  
油そば
@ チケットを渡す際味玉か温玉のチョイス有り、あじ玉しか、頼んだことありません。併せて堅めも申告
A おすすめは、ラー油半々(食べるラー油と特製じゃん)
B 注文者にはおろしニンニクとラー油が手渡され、使うのは自由だ
C 大蒜をレンゲに1,2杯、割り用スープでこして、まんべんなく注ぐ、ラー油も1,2回し、とりあえず食べるラー油をレンゲにエスケイプ(結構甘みがあるので混ざるとよくない)
D 普通に喰う、それぞれの辛みをバランス良く、少しずつ混ぜながら喰う
E 1/3位になったら、ラーメン、つけ麺同様スープを入れて食す、その前にコショウ酢一味を混ぜたスープのみで舌をリセット、その後はタレが中和されるようバランスを取りながら、継ぎ足し。後は喰らうのみ
どれも突出しているわけではないが、やはり旨い。昼間のみの営業なので注意

6.福しん

この店がこんな上位の訳がないが、ここらがベスト
値段と味。それが全て平均点、と言うことで

特別な食い方とかはありません。全てがオーソドックスしかし、卓上調味料が一通り揃っているので、なんとかなる。
味噌にはラー油2回し、一味多量(まんぱんの容器の1/3は入れます。後半酢
最初に結構ニンニク入れる場合もあります
もやしそばにはラー油を2,3回し、コショウ5振り、半分くらい喰って一味3振り
最初ににんにくを少々入れるのもあり。
タンメン 少しのラー油とコショウ、あとホントに少量のニンニクを入れます。

正直、おらが駅にそんなに何件も旨いラーメン屋はあるわけでなく
このくらいの値段だとやはり行きやすいわけで、味というより総合的な部分でこの位置ですな、やっぱり。吉野家並の安定感です。ちなみに大塚三大安定感は福しん、吉野家、ABCです・・・・・・・ちがうか>。<


次回最終回

5〜1位だ〜〜〜〜〜



posted by ゴリ at 15:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独偏ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

地元麺類ランキング


さー
精々大塚在住の吉野くらいしか興味のない

はーーーーい
飛ばした跳ばした〜〜〜


大勝軒 大塚店
(北口コージーコーナー隣、巣鴨警察署近く)
以前折戸通りに店を構えていたところ、古くからのれん分けを受けていた店で大塚で長きに渡り、展開していたらしい。移り変わって頻繁に行くようになり、野菜ラーメンしか喰ったことがないが、このバランスが最高です。おはこ同様、ビールつまみが美味(おはこの方が良いけど)
(700〜)

ホープ軒
(北口ロータリー内)
自分が16の頃、初めて入った専門店ですから、20年以上の付き合い、この店の変化はおそらく誰よりも知ってます。今はかなり下の方の状態。ハタチくらいまでは上手さに替わりはなかったけど、何かを切っ掛けにまずくなった。その時よりはもちいかえした、したけど、全盛期の味とは明らかに違う、震災以降変わった店員による麺堅の基準が大幅に変わり、一時期(その後行ってないから分からん)昼シフトと夜シフトのゆで加減が全く異なるという異常現象も。もう少し、真剣に考えて欲しい店の一つ。
ただ、慣れ親しんだ味なので、未だに行ってます。が、注文するのが恥ずかしい
麺バリ硬、油少なめとか言うべきラーメンじゃないのに、そう言わないととんでもないものが出てくる、ホントはバリカタの数秒少ないゆで時間がベストなんだけど、言えない・・・バリカタ言うのだけでも、恥ずかしい。店員は本当の麺のベストというものを考えたことがあるのか?麺の湯ギリをした時点でその感覚で、茹ですぎたことを自覚できないのだろうか、自分は音を聞いただけで大体の食感がイメージできます。
世の中の雇われラーメン店員全てに次ぐ、もっと、真剣に作れ。考えろ。本当にそのタイミングで良いのか、そして今、この文を読んでいる何人がウザイと思っているかと言うことを感じろ!!!
俺>。<
うっとうしくてすみません。
しかし、麺ゆでは本当に大事なことです。よく考えて茹でてください。
あなたは何千食と作るラーメンの一つですが、僕にとっては何千食と喰うラーメンの一つなんです・・・・・・・あれ??
(650〜)

世界飯店
(ホープ軒となり)
こちらも老舗のベトナム風中華料理屋、丸焼き鴨肉をご飯に絡めたメシが看板
麺類も出汁が良く、普通の麺もあればフォー風の麺もある。最初に行く切っ掛けになったのが、裏メニューのカレ−うどん。これが香草をふんだんに使用して、複雑な味が癖になる一品。その他のメニューも充実、最近は明らかに二郎を意識した、世界ラーメンが登場、野菜、からみ、にんにく、あぶらトッピングって、まんまヤン>。<
でも、味はあそこまで大味ではなくGOOD

大塚そば(駅前)
大晦日にちょくちょく行かせて貰った店。
古くからやっており、悪い印象はないんだけど、無いんだけど
正直あまり印象に残らない味。基本慌ただしさの中で、寄ることがあるからか・・・
まずい印象は全然ありません。

喜多方 小法師
(北口ロータリーコーヒー屋となり)
こちらもチェーン店ちじれぎみのもちもち太麺(言うほど太くない)が今ひとつ好きではないが、スープのポテンシャル高し、いや、麺もいいよ。うん。腹減りの時はネギチャーシュー−麺にして、半ライスで決まりだ>。<
(580〜)

喜楽飯店
(小坊師のとなり)
行ったことありませんが、評判高しです。いきなり入る気にはなりませんが、良いらしいです。かなり古くからあります。

ぼたん
(北口歓楽街右)
過去に的場浩司がV6の番組で絶賛したため、大行列が出来た店。
明らかにTVShowマジックだったため、今は味と比例した客入り
スープ、麺共にそれほど悪くないはずですが、全然おいしいと思わない。
店の前を通ると思わず、 臭っ!! と、言ってしまう。
しかし、博多とんこつの店が大塚にはここしか無かったので、偶に行くがその都度後悔する
しかしながら、新店の豚骨を喰っても今ひとつピンと来ない
要は自分が九州豚骨があまり好きではないのでは?と言う結論のため、あまり悪く言うつもりはないが、好みに合わない・・・・・・が、たまにいってしまう店 
(650〜)

チョモランマ 
(北口歓楽左上の店の少し先))
最近オープンの店。まだ、ラーメン、ワンタン麺しか食べたこと無し。
ワンタン麺のワンタンは素朴系ですが、結構行ける。下味がしっかり付いていて。
スープははじめ  おっ!! と思いましたが、言うほどさっぱりしておらず、進むにつれ、食べ疲れをするラーメンだと思いました。麺もざ・いまいち中華麺的な感じで、後半のぱさぱさ感(もぞもぞ、研ぎ研ぎ的な感じ) 中華麺はさっぱりとしたスープをくぐらす事で初めてその力を発揮するわけで、もう少しスープの改良が必要

花月(他店には行ったことがありますが、大塚店は行っていません)
(上の店の少し先)

太陽のトマト麺
(上の店の少し先)
きんぐにゅらりひょんの児島氏が勤めている(最近ご無沙汰)店
と言うことは関係なく、結構行き倒した店。pointはつまみ系の充実度
とりあえず、飲むための最低限のものはある。
トマトメインで、オリーブオイルなど使っているため、スープスパをイメージして貰えば。麺も特徴があり、豆乳を練り込んであるそうで、独特の食感であるが
正直、ラーメンの麺として旨いのかは疑問。チーズ等のトッピングには合いそう。
あくまでラーメンであって、ラーメンではない。大蒜を入れることを進めます。

大勝軒(折戸通り)
こちらは先述の場所にぽつんと出来た店。
しかしながら、味そのものは全く大勝軒とは異なるものらしいです。
というのも、行ったことありません。何でもつまみのラインナップが豊だそうで
それを目当てで、そこそこ繁盛しているらしいです。

秀美(折戸通り、文京高校近く)
ラーメンというか台湾料理の店
このブログでは幾度となく、紹介。台湾屋台の小振りな麺から、五目、もやし、坦々麺などの中華麺までございます。小振りなラーメンは細縮れの濃縮玉子麺でこれだけでもつまみになる一品。普通の麺は比較的あっさりしたスープに中 玉子麺
以前は八角が聞いてて、それがポイントでしたが、今はその主張はなく特別な突出するものではないが、バランスがよい。炒め物系を乗せた麺がおすすめ
特にもやしそばがお勧め。


いよいよ次回

ランキング発表

って、誰も待ってね〜〜〜〜〜


posted by ゴリ at 17:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 独偏ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

地元麺類ランキング

前回に引き続き、誰にも全く必要とされていない
ラーメンランキング
今回は大塚南口のエントリーをご紹介

福しん
(大塚駅南口、新大塚方向左手王将並び)
出た!!池袋周辺の人にはご存じ福しん!!
中華系の定食と麺類の店
ラーメン380円からなる価格設定は助かります。
そして、味もその値段なら納得、ミスター平均点の異名を持つ
偶にあんかけが玉になるのはご愛敬、半チャーハンが炊飯ジャーなのもご愛敬、
正直、ここ、相当お世話になってます。味噌も結構味わい深く580円、街に1店福しんです。
(ラーメン380円より)

武蔵野うどん
(福しんの前)
昨年オープンの店。最近知りましたが、武蔵野うどんて、ジャンルでそれ自体がプチブームなんですね。店名でなくジャンル名らしいです。ごんぶとのうどんに熱々の豚肉の肉汁つけだれにつける、肉汁うどんは小並大同一価格。
うどんの塩気も結構あり、よいです。
食いでがあり、大好きな黒七味も常備なので味を変えつつ大満足
ゆで湯わる、スープも結構いけます。丁度良い
(肉汁うどん680〜)

金竜本店
(上の店を通りすぎ、文房具屋を曲がり坂を上り、2本目を左、デイリーヤマザキの近く)
路地の裏にある、アットホームな中華料理店、ラーメンは素朴な感じで小中大の値段が一緒というのが、サラリーマンに人気なようで、結構昼時は一杯 優しい感じである。
(600円くらいから)

米沢ラーメン愛愛
(福しん、王将の並び)
多分チェーン店、一見上手いが、ムラ多し、新発田ラーメン蔦屋に似た味かも
惜しい。ただ、野菜炒めが上手く、一時期夜、ビールと野菜炒め何度かお世話になりました。

餃子の王将
説明不要の超有名チェーン店。でも、麺類はイマイチ、普通。であれば、並びの福しんに行くぞなもし
広州市場
(南口タリーズの近くのやっきょくとなり)
五反田が本店のワンタン麺で有名な店。あっさりなスープは醤油に合う。ワンタンもボリューム満点。麺は細麺。塩味が売りだが、少しえぐみがあるため醤油の方がお勧め。醤油味のタンメンがお勧めだが現在つまらない理由で休止中。麺に関して、最初は良いが後々くたびれすぎ、中華料理やを意識しているが追いつかない麺。全体的にキライじゃないけど、一つ一つ必ず欠点が見受けられる。残念。五反田本店はもっと旨かった気がするな〜。
(ラーメン580円〜)
つけ麺道五郎
(都電の線路沿い、カラオケの鉄人の2ブロック先、)
もちもち太麺系、結構盛りが良く、卓に生タマネギきざみなど有り、それがうれしくよく行っていた。魚介系のややあっさり系?中々食いでもあり、満足はする。突出したものはないが、マイナス点も少ない
(700円〜)

つけ麺 山澄
(大塚南口商店街中、上の店の近所)
濃厚スープ系、かなり濃厚、麺極太、ある意味新生代王道系つけ麺。

みとう庵
(上の店の近所)
線路脇の路地の立ち食い・・・・だけど立ち食いじゃない、鴨蕎麦とかが看板メニュー旨いそば屋に椅子がないだけ、価格は500円くらいから。一時期填って結構行ってました。一旦クローズしていたのですが、最近復活したらしい。
ちなみに3,4年前のクリスマスイブのお昼にここで蕎麦を食っている途中、12月24日SODSワンマンの緊急オファーを受けました>。<

蕎麦長寿庵
(大塚駅前ベルクラシック(チャペルホテル)の前)
昼見たら、結構並んでいて、いつか以降と思ってこないだ行った店。
居酒屋メニューはかなり良いが、蕎麦が下、とてもおいしくなかった。
蕎麦ってこんなモンか?家で湯がいた蕎麦より下。好みか?

蕎麦岩舟
(大塚南口駅前)
今のところ(そんなに色んな蕎麦屋に行かない)マイナンバーワン蕎麦屋
蕎麦の風味とみずみずしさがとても好き(たぶん、そこそこ高い蕎麦屋なら全部好きであろう)うどんはありません(――;
(大体1000円くらいから)
帝都軒(NEO)
(南口を出て、大塚バッティングセンターを目指し、そのまま千川(プラタナス)通りを右へ、しばらくするとサンクスが見えるのでそこを左){18〜営業})
昔、向原にあった、老舗ラーメン屋の2代目が場所を移した、2回目の店。
どちらかという飲み主体だが昔ながらのが似合うラーメン&チャーハンはなかなかのもの
落ち着く>。<という感じとは反面、店の雰囲気は全く落ち着かない(――;
まーメニューのバランスは良い。
(ラーメン600円くらいから)
天神力
(大塚吉牛の隣の日高屋の隣)
昨年オープンの新店。割と本場に近いのではないか(喰ったこと無いけど)
従来の博多豚骨の濃さはなく、比較的透明感のあるスープ(塩味?)が特徴、中々スープは良いのだが、麺があまりタイプではない。ハリガネが普通の堅めくらいなので、ワンランク上の堅さで注文しよう。普通替え玉するがここでは50% 1杯目はまーまーだが、替え玉後・・・・・・
※ 先日訪れたら、博多ラーメンから北海道ラーメンになって名前も変わってた>。<
その名も純源(何か名店足しちゃってるよ>。<)
味の基本は同じ感じ、内装、外装、調味料の容器すら変わってない
ちょっと、ぞっとした(−。−;
味のベースは同じ気がする・・・・麺はこちらの方が良い

日高屋
もうここをラーメン屋とは認めん、完全に金欠集団のオアシス、安価居酒屋
だけど、ここの麺がどうしても駄目でラーメン屋としてはNG店です。10回以上は入ってますが、麺を喰ったのは1,2回
北大塚ラーメン
(現在移転、北大塚の歓楽街にあります)
巣鴨警察署近くにひっそりと構える店。価格帯もラーメン500円くらいオーソドックスな醤油ラーメンが基本、チャーシューが売りらしい。軽くつまんでルービー飲んで、〆のいっぱいが似合う店。
posted by ゴリ at 11:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独偏ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

地元麺類ランキング 


写メ当然のブログ
というか、今やツイッター全盛期に
殆ど文字だけでお送りしている、当ブログ
食い物の記事に関しても滅多に載せることはありません

そんな中
一切の商品写真無くお送りいたします。
新企画
麺ブログランキング IN 地元
詳しい場所も分からなければ、詳しい値段も分からない
もしかしたら、名前も違うかも(――;

そんな様々な問題しかないコーナー

大塚パーフェクト麺レヴュー(全然パーフェクトではないけど)



今回は最寄り駅
新大塚、大塚という町にスポットをあて、徒歩で行ける、
とりあえず、思いつく限りの麺類の店をピックアップ
それの独断偏見に最終的にはベストテンを紹介。(洋風麺は入っておりません)

それでは今回のエントリー店(ほぼ全店)

今回ランキングの対象に選んだ思いつく限りのお店だ!!!


虹ライオン
(茗荷谷駅を春日通り方向に出て、左。一番最初に右手に見えるセブンイレブンの隣)
今回の新大塚、大塚という範囲から少しはみ出すけれど、新大塚から歩けない距離ではないので紹介(最寄りは茗荷谷)
インド大使館?何かビザの発行してる場所が隣らしく、遠くから確認すると、すごい行列が出来ているのですが、諦めちゃ駄目、その隣なので早とちりしないように。

ラーメン、つけ麺、まぜそばが柱でラーメンとつけ麺での特徴の類似性はあまりなく、結構いつもどちらにするか悩ませる
ラーメンは濃いめの醤油が利いていて、少し甘口なのか、油と醤油のもったり感が後を引く、つけ合わせのきざみタマネギがそのバランスを取っている。麺は中太ストレートかな?
歯切れが良く、食感もよい、桂花ラーメンの麺をもっと素直にさせて様な感じか。
すごい押しはないけど、飽きずに食える感じ、かなり好印象です。
つけ麺の特徴の一つは何と言っても麺、小麦の殻が入っている感じの香ばしさで、麺自体も小麦の香りがぷ〜〜ん、癖は強いが凄く好きだ。スープは濃縮系のドロドロスープ、少ししょっぱいけど、麺とのバランスを考えてのことだろう。
お勧めはあつ掛けのかた麺、要は釜揚げうどんみたいに熱々の、今回は鳥スープの中に麺が浸かっており、冷めないし、くっつかないし、スープのしょっぱさも解消。
基本的に温盛りが大キライ、でも、スープ冷めないにこしたことはないな、僕にうっっつけ>。<
だけど、麺をおいしく頂くなら、普通の方がおいしい。誰かあれをしないかな〜+100円くらいだったら、注文するんだけどな〜あれって、何って?教えん>。<

混ぜそばはどちらかというと絡めそばな感覚でしつこくない感じでした(あまり記憶にないので・・・・うすコメント)

中に入っている角煮とチャーシューの合いの子みたいな肉がご飯に合う!!
ニンニクを使った、ラガーメンというのがあるが
基本仕事中行くので未食
(大体700〜900円)で食せマス)


兵衛門
(新大塚駅を出て茗荷谷方向に5分ほど進むと不忍通りとの交差点を左、2,3分したひだり)
つけ麺とラーメンが柱で最近、夜は飲むことも出来るらしい。
上品な味で凄く普通なんだけど、奥行きがある感じ。
わかりやすく言うとどん兵の基になった、うどん屋のラーメン(余計わかりにくくなったかー。ー;)どん兵の高級版(結構この表現納得してくれる)あっさりめの醤油系にうまみがある感じで、そこに絡まる自家製麺がラーメンときしめんの間のような風味でさらに大盛り無料だからずんずん入っちゃう。すっきりのなかに背脂細かく泳がせたりしてる辺りがこのバランスなのだろう。
つけ麺は基本ラーメンと同系。しかし、こちらはこちらで少しスープが違うので必食
(ラーメン680円位より)

新発田ラーメン蔦屋
(上記のラーメン屋を通りすぎ右側、手前の信号を渡っておくこと)

必要以上にサービスの良い店で普通のラーメンが既に焼豚麺、スタンダードな醤油に上澄み油を・・・結構年配のかた中心に人気だが、ギリギリのところで全て駄目なラーメン屋特筆するべきは営業が異常なくらい不安定、月2回しか営業しないことも(半分は休みだと思ってください)しかも、張り紙なし。味、衛生面全てを加味して、無しな店です。
まー味は悪くない。結構ファンおおしで結構客は行っている。でも、やっぱり好きになれない(――;
(ラーメン450円より)

さぬきや
(新大塚を先程と同じよう茗荷谷方向に行き、右方向に郵便局のあるビルのとなり)
一時期鬼のように通った店。讃岐うどんの店、飲み屋的にも使えるので、昼間からの飲人もちらほら、お勧めはうどん。かけ、ぶっかけ、たまご、どれも美味。但し、一度に大量に茹でるため、ゆでたてと、茹で置きの差が激しく、茹でたてを食えたら、ラッキー
ただ、じぶんがよくたべていたのは、豚汁うどんなる物で、うどん完食後それにご飯を入れ、雑炊にするくいかた。目的は雑炊だったので、・・・・・でも、普通にうまい
おだしは少し薄めで、女性にも気に入られると思います(店の構えは超入りにくいです)
やはり、茹でたてが最高
(かけうどん350円〜)
文衛門
(新大塚駅前、エイブル、カレー屋の並び)
以前、実家の近くにあった老舗そば屋の別店舗
この店で自分は蕎麦を憶え、蕎麦飲みを憶えました。
が、この新大塚店は実は一度も入ったことが無く、まず、店構えが本店と違い慌ただしいため、ゆっくり出来ないからと、あまり評判が良くないため。
サンシャインにもあるそうなので、もし良ければどうぞ


立ち食い
(文衛門の前)(マック横)
ここではうどんオンリー
立ち食い侮る無かれ、ここの店構え立ち食い丸出しですが、麺はコシ、ハリ、更につやがかなりあり、立ち食いレベルのうどんではありません。天玉にすると相性ばっちり、ネギ入れ放題が魅力
(かけ280円くらい)

夢あかり
(新大塚駅前三菱東京UFJ隣)
新大塚に神風を巻き起こした?繁盛店Wスープ系
ラーメン、つけ麺、油そば、麺はそれぞれ異なりラーメンはやや縮れの玉子麺系、コクがありそれ自体に味があり的な、つけ麺は小麦メインの加水麺、濃いめのつけ汁を意識してのことかツルっって、感じ、油そばはその中間。太さもありコクもある。裏調味料の辛ネギの醤を絡めると最高、因みにラーメンの麺も辛ネギの醤との相性抜群
ここの気に入っているのはつけ麺のスープの温度です。凄く熱々、結構最後の方までぬるくならない、の割に煮詰まりはない。突出し、ているところはないが、全体的にレベルが高い


尾道ラーメン
(新大塚駅前、書店の隣)
夢あかりの開店、さぬきやの存在を知るまでは、しょっちゅう行っておりました。
まー濃いめの醤油ラーメンです背脂入り(ちゃっちゃ系でなく、ちょっと焦がした感じ?)
しばらく行ってないので原状は知りませんが、可もなく、不可もなくな店
キライではない。
(650円〜)

春樹
(新大塚駅前 松屋)
オープン数日で一旦クローズという、最悪の出だしを切った店。
それもそのはず、ダイエーのフードコートで喰う様なラーメンで700円とられちゃ・・・・
そして、再オープンの数日間はつけ麺10円という、これまた訳の分からん投げ売りセールで連日行列を記録、キャンペーン終了と共に終了(――;
味は以前より専門店的になったが、つけ麺は一昔前の流行の焼き直し、と言うことはそこそこ上手いと言うこと(らしい)再オープン後は一度だけしか行っておらず、実はあまり知らない。ただ、つまみが充実して、酒も安いらしく、夜の集客もそこそこらしいが
どうも、最初の印象が悪すぎで行く気がしない店
先日久々に行ったら、この俺が夕方まで胃もたれしてた。正直赤点>。<


立ち食い
(新大塚マルエツ前)
結構長くやっている、個人経営店、いつ見ても客は殆どいないがチェーン店にない立ち食い蕎麦の魅力がたくさん。その旬の天ぷらがかなり気まぐれであったり、天ぷらの種類が豊富でたのしい。そば、うどんの味は立ち食いレベルだがつゆは落ち着く
説明は難しいが新大塚在住なら一度は喰わなきゃ駄目  な店
(270円〜

自転車屋横の焼き肉屋のラーメン
ん?なにその名前?!

いや、名前が分からないからそうしております。
焼き肉屋のラーメンですが、焼き肉より需要が増えてしまったため、池袋に専門店を構えたほど。あっさりスープとこってり豚骨の2種類、どちらもレベルは高く、麺もそこそこ旨く、新大塚でも1,2を争う。ただ、調味料がテーブル据え置きではないので、味に飽きが来たとき、変えたいとき出来ないのが難点。あの味ならば唐辛子系&酢は必酢・・・・なんちって。
焼き肉屋につき、その他色々あるので、填ればいいかも。
(650円〜)
ゆで太郎
(上の店の隣)
チェーン店の立ち食い蕎麦にしては良い蕎麦で有名なゆで太郎。
まー小腹が空いて、そこしか無ければ、是非。後悔はしないでしょう。
ただ、自分の味覚的にカレーは激マズでした(甘いの>。<)
あと、朝定の際、麺ゆであがり迄、2分くらいあるのに、小ライスを注ぐので、出てくる頃には冷えてるのが、一度言いたいんだけど言えないの>。<
わざわざ、今回挙げる店ではないか・・・


帝旺
(新大塚駅と大塚の駅の間、オリジン弁当となり)
大塚で油そばというならここを進めます。結構油強ですが、お酢で解決
麺のもちもち感(そんなに太くない)が何とも言えず、良い感じ、チャーシューや味が良い干したネギ?油通ししたネギが良いアクセントになっていて、旨い。他のメニューも悪くわないが是非油そばを勧める。
(700円より)

以上 新大塚範囲

 次回大塚エリア








posted by ゴリ at 14:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独偏ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする