2014年04月02日

シナー

半年前
ふと、あるツインリードの曲が頭をよぎった。

凄く聞き覚えのある曲だけど、出てこない。

恐らく、マイナーなバンド過ぎて、出てこないのだろう。

一瞬プレイングマンティスのような、

ずーと、出てこない。

話は変わるが、マイナーなものばかり聞いていると、話し合わないし
逆にメジャー知らないし、かといって、マイナーをじっくり聞いているかというと
そこまででもない。

とにかく、聞いたことのない音を聞くのが、大好きなんです。

だから、優越感もなければ、劣等感もありません。

やはり、何度か良い出会いをしているから、やめられないのでしょう。

毎月アホみたいに買っていますが、半分くらいは全く知らないバンドだったりします。

今月もやってしまっております・・・CD20数枚(−−;
まー風俗、ギャンブルよりはましでしょ?・・・・

そして今日紹介するのはこちら。

Sinner_Wild'nEevil.jpg

ジャーマンメタルの雄
SINNER マッドシナー率いる82年のデビューアルバム
しかし、この1ST,2NDはバンド非公認のアルバムとして、ブートレックのみのCD化で
残念ながら一般的には流通はしておりません。

こいつとの出会いは20年ぐらい前に遡り、バーンか何かで知った、名古屋のディスクヘブンなる店の通販で購入しました。もちろん音は聞いたことが無く、何かで知って、それでここに置いてあるとのことで、慌てて発注しました。

届いた音はシンリジー&プレイングマンテス
もう大好物の音だったのを記憶しております。

しかし、当時レコードプレイヤーは父の部屋ッにしか無く散々聞いた後は再び聞くことはありませんでした。

そんな中先日、中古屋で1STをCDで発見!!(2NDは少し前に通販で購入)

少し高かってですが、迷わず購入

2NDよりもR&Rテイスト多めですが、紛れもなくアーリー80の匂いです。

やはり78〜85年くらいのメタルの音は何とも言えません。全く洗礼されておりませんが、

このもこもこ感が堪りません。

その勢いで久々に2NDを聞きまして、やはり悶絶しまくり

ノンアルコールなのに(−。−;

その時、半年前にぽっと出てきたリフが!!!!!

あっ!!シナーだったんだ>。<

そうそう、これだ。広がりそうで広がりきれない、絶妙なメロディー

正直、シナーは何枚か聞いていますが、どうしたって、このアルバムが1番好きです。

が、本人は認めていないとは・・・・悲しい限りです。

オススメは最後の2曲、他も好きですが。

シンリジー、プレイングマンティス、など好きな方は是非。

因みに今も活動中

あと、ガンマレイの元ボーカルとやってるバンドも有名みたい
それは未聴。

つーか、今時はフルアルバムがアップできるんだ!!!

posted by ゴリ at 17:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マイナスからのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

へたへた

★国内盤
●STRYPER / 神聖紀 50,400円
 (盤質:B 帯裏セロテープ跡3cm、上部ミシン目僅かに切れあり)
●DARE / BLOOD FROM THE STONE 5,880円
 (盤質:B 帯付)
●TREAT / THE PLEASURE PRINCIPLE 6,090円
 (盤質:A 帯付)
●TREAT / SCRATCH AND BITE 4,830円
 (盤質:A 帯裏剥がれあり)
●GIUFFRIA / SILK + STEEL 4,830円
 (盤質:B シール帯背退色)
●BOYSVOICE / BOYSVOICE 7,800円
 (盤質:A 帯なし)

★輸入盤
●TAZ / COLD SHOULDER 3,990円
 (盤質:B LAメタル89年EP レア)
●TONE NORUM / ONE OF AKIND 3,990円
 (盤質:A SWEメロハー ジョン・ノーラムの妹)
●TXBARRYT / X'S 3,990円
 (盤質:A ドイツ・メロハー)
●DANIEL BAND / RUNNING OUT OF TIME 3,150円
 (盤質:A カナダAORメロハー87年5th)
●PETRA / CAPTURED IN TIME & SPACE 3,000円
 (盤質:A USクリスチャン・メロハー 86年)

某老舗ユニオン

廃盤のセール価格一部


正直どうしても欲しいCDであれば
4000円〜5000円までは
滅多にありませんが(今まで最高3800円)
買っても良いと思ってます

ただ

ストライパー

50000円(−−;

スゲー高い

そこまでのバンドじゃないよ
(高いのはこの一枚だけですが)

5マンは行き過ぎ・・・・

しかし、値の付くものはレア盤

一般流通が少ないものが付くのだから

中身も完全に伴うことは
少ないのでしょう・・・

幻と
書かれて実は
まやかしか

ストライパーといえば
初来日?
武道館公演の衝撃は未だ忘れられません

外タレで武道館で出来るアーティストでも

下手な人はいるのだと

下手というか

どたばたしすぎていて
なんか落ち着かない
そんなードラマー
何とかスイート(弟)

まー自分が言えることではないですけどね(−−;


B級メタルを探り出すと
音質云々は少しどうでも良くなる

マイナー耳が出来てきます

そして、さらにC級以降を探り出すと
演奏力もどうでも良くなる

C級耳が出来てきます。

ただ、C級耳は一度なると直しにくくなり
大抵のものを受け入れられるようになるため

金欠の時、CDを売りにくくなると言うデメリットが

何か前置きが長くなりましたが

今日は久々の
CD紹介



何でしょう
超D級 駄目なアルバムです。

下手メタジャケ.JPG

バンド名は
よく分かりません

上でしょうか
下でしょうか
上でしょう

クリアボヤムとでも読むんでしょうか?
ギリシャか何かのバンドと書いてあり
売り場にて携帯で片っ端から調べましたが、一切出てきませんでした。

御茶ノ水ユニオンで時折行われる

正統派マイナーメタルセールに出品しておりました

何でこんなの買ったの?


自分の中でCDを選ぶとき(初見のCDに関して)
いくつかのポイントがあります

1.ジャケット
まーこれは良く聞く、ジャケ買いですね

2.出身国
ただ、これに関しては発売国とバンドの出身国が異なるケースが大分ある(再発などで色々な国から出ているケースもある)あまりあてになりません。お店の解説とかに新設に書いてある場合があります。

3.レコーディング年代
これ大事!!
80初期、80中期、80後半、90前半
B級メタルに関してはこの時期が重要
80年以前になるとメタルと言うよりは
かっこいいハードロックになりがち(まーこれはこれで全然良いけど)
90年から後ろは音が全然ちがくなるから正統派と言われても
音圧でメタルの雰囲気が全然違うのです。

アングラ、ハンマーフォール、ストラトバリウス、アークエナミー
やっぱり違うのです(キライじゃないけどね>。<)

4.メンバーのルックス
これも重要

今回のこのCDを買った理由はこの最後のメンバーのルックスです。

見よ!!!


へた 裏ジャケ.JPG

わーボーカル音楽室に肖像画飾ってありそう!!
ドラマーカッコツケのグラサンがうっとうしー
つーか、キーボード どこの板さんだよ>。<

これはださくて、コテコテの様式美メタル決定だ!!!おそらく、パープル、レインボータイプか

きょ
曲名がまた
すごいなー

確かにマイナーメタルのタイトルとかダサイの多いけど

曲順1.JPG

曲順2.JPG

イントロは何かのサンプリングのもので
壮大なオーケストレーションというか仰々しさ満点の期待を煽る感じ

これはかなり期待を持てるのでは


ぎゅ〜〜〜〜ん

ギターのリフが始まり
その音質の悪さに転ける>。<

まーでも良いりふだ
C級だけど十分に聞かせそうだ

ダカドコダカドコ

活きよい良くドラムが

ドラムが・・・・

なんだこのドラムは>。<

今までプロと呼ばれるドラマーの中で断トツへただ

いやいや、プロではないのでしょうが

海を渡って、CDが流通しているようなばんどが
テンポがぐちゃぐちゃ(−−;

3曲目の白玉のじゃーーーーん、じゃーーーんみたいなイントロのあとの
リズム刻むときのテンポがつかめない感じは
ある意味そう簡単には出せないノリです。

正直このまま聞いていたら
下手になる8−−;

そんな感じにさせられる

初めてでした。

速攻、売る予定ラックへ

売る直前に再度聞いてみたのですが

良く聞くとギターもひどいんです。

出来ないことをソロでやってたり

これはネタとして、持ち続けなければ
行けないと思い

売ることを留まりました

愛着も湧きつつあります・・・・


何気にCDを買うとこういう出逢いも待ってますよ


通販を捨て
売り場へGO
posted by ゴリ at 18:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マイナスからのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

マグナム・ボーナム

昨日、たまたま付けたスマステーション(香取君司会)で
ジャニーズの歴史を振り返るみたいな番組で
時折クエスチョンが出てて
嵐ぐらいまでは全問正解してしまった

こんばんはゴトタクです。

今年も早いモンで
今日を抜いて、321日です。

あっという間に来年ですね。

いや、本当に


ここ数年、再発ラッシュでありとあらゆるCDが再発の兆しがあります。

プレイングマンティスのCDが出ているのを知ったときは
失禁しそうになりました・・・・うそですけど・

色々な問題やマスター紛失などで再発しないのはしょうがないですけで

こんなの誰がかうねん>。<

みたいなものもずいぶん出てます

世の中には歴史的名盤もあり
聞く人にはクズと思われる物もあり

そして、誰にも知られず、消えていくバンドもあり

そんな中、自分が高校の頃北欧レコードを漁っていて

取りあえずそれっぽく北欧の国名が書いてあるのは全て買っていました

ですから、全然タイプではないバソリィーーとか買ってました


そんな中
幾ら待とうが暮らそうが
CD可の兆しすら伺えないレコードがあります

ネットで幾ら調べても
出てきません

あっ、出てきた

http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eCR-EJ,bT,hT,uaHR0cDovL3d3dy5kaXNjb2dzLmNvbS9hcnRpc3QvTWFnbnVtK0JvbnVt,qlang=ja|for=0|sp=-5|fs=100%|fb=0|fi=0|fc=FF0000|db=T|eid=CR-EJ,


でも、外国のサイトだ(−−

名前は
マグナム・ボーナム
クレイジーフィーリング


JB.JPG

日本盤はスウェディスクレコードという
あー完全にスウェーデン専門なんだと言うところから出ています

というか
この写真を撮るとき気づいたのですが
非売品でした。
裏には何とか株式会社の備品シールが

もしかすると、国内発売してないかもデス

当時の自分はこの
海のものとも山のものともつかぬレコードに
針を落とす瞬間が堪らなく
大抵はがっくし来るのです。

10枚のうち1枚当たりがあれば、
的な確率です

もう20年以上前なのであれですが

久々のおおおあたりーーーー
でした。

瞬間の衝撃度は10本の指にはいるかも

これは名盤云々ではなく

ジャストミーーート的な衝撃です。

いきなりあふれ出るリフ
そして流れるようなツインリード
めまぐるしいのにメロディアスなメロ

はー何て最高なんだ>。<


ライナーにフェバリットアーティストに
シンリジーと米シティーローラーズ
と書いてありましたが、まさにそうかも知れません

ツインリードは明らかにシンリジーの影響でしょうし
ポップフィーリングは米シティーかもですが、

そこに北欧独特のセンス
これに関しては説明のしようがないんですが
単なる叙情的とも違うんです
もの悲しさ、哀愁、スノー
ただ、悲観的じゃないんです
その中にも暖かさが、希望があるみたいな
冷たいけどエナジー満点みたいな

前の記憶ですが
捨て曲はほぼ無かったと記憶しております。

本当に良い内容です。
曲が本当によい

ツインリード
シンリジー
北欧
POPROCK

どれかひかっかるひとは
絶対、聞き

誰か気づいて、再発して〜

結構アルバムは出しているみたいなんだよね。

アー聞きてー
けど
プレイヤー無い>。<

買おうかな

今回の探してたら
あれ?
俺こんなの持ってた?
みたいなのがゴロゴロ出てきたから

エイリアンのファースト
聞きたい
ヘビーロード聞きたい
EFバンド聞きたい
あー
北欧まとめて聞きたい>。<


では











posted by ゴリ at 16:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マイナスからのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

LE MANS

久々のコーナー投稿でございます。

マイナスからのCDレビュー

基本的におっ、いいなー
と思ったのを上げるコーナー

マイナスからのというのは
マイナーなものが多いから

マイナスからと言うことで
駄目なバンドと言うことではないです。

むしろ、なんだこれ?
何で売れなかった??

見たいのも出てくるかもデス。

本日は
こちら
same_lemans.jpg

LE MANSというアメリカのバンド

86年というと
丁度、ボンジョビの3枚目が出た頃、ヨーロッパのファイナルが出た頃

ハードロック、ヘビーメタルのバンドがより産業ロック(メロディアスな)に移行して
スタジアム級の音にシフトをチェンジするバンドが多くで始めた頃の時代です。

この頃には自らの音楽性を捨て、よりポピュラーに移行せざる終えなかった
そんな時代だったようなきがします。


このバンドの一枚目も比較的ハードな感じだったらしいです。
もっと、正統派だったそうです。

正直、当時の自分はメロディアスなものを極端に避けていた気がします。

と言うより、メロディアスすぎるもの」と言っていいでしょう。

ダ・ヴィンチとかね・・・特に北欧を漁っていた時期でハードポップにあたるたび
あー>。<
と、嘆いていました。(そのくせ、ポイズンやイナフズイナフ、何かは聞いてたのに)

完全なる偏見ですね。

当時、これが出ていて、レヴーを読んでも買わなかったと思います。

もしかすると当時聞いたら、ここまで好きだとは言えなかったかも知れません。


1曲目が流れてきた瞬間

愛してる〜〜〜〜

と、叫びたくなるほど一目惚れの音で
ただ、聞くたびに、マディソンの「オウ・ランデヴー」に近しい感覚がございました。

2曲目も4コードの刻みリフといういかにもわかりやすい入りで
思わず、飛び跳ねてしまいたくなるフレーズ
ボーカルもドラムと一緒に「ふぉ〜〜〜」と叫びます。

アメリカンバンドですが、どちらかというと欧州的なポップさも持ち合わせているバンドで
ボンジョビで言うと1ST頃のマイナーさ(コード的な意味)を残しつつ、哀愁感もたっぷりです。

恐らく、ちゃんとプロモーションして、個性的なギターリストを配していれば、結構売れたんではないでしょうか。

ルックスがイマイチか・・・・


兎に角、恐らく、A面にあたる5曲までは本当にパーフェクト
その後も少しロック度が増すも名曲揃いです。

最後のライブバージョン的なものがいるか?との疑問が残りますが、

トータル自分のメロディアス部門では今年のグランプリだと思います。
その手のトップテンの10位ランクイン確実です。

とおしで聞いたのは5回ぐらい(近年の自分にしてはヘビーローテーションです)

これを書いている今、何したいかって、このアルバムを聴きたい

そんな思いがこみ上げてくるアルバムです。

最近、アホのようにHM・HRの未聴のCDを買っていますが
こういう、当たりにあたると更にやめられなくなります。

今、出せと言っても決してでない音でしょう。

いつか、こういうオリジナルを作って、メタリンピック参加したいな〜〜

あっ、ドラム以外のパートでね>。<


ユニオンとかに行けば手にはいると思うから、興味のある人は
御茶ノ水メタル館かロックアヴェニューレコード(通販まで)
ロックアヴェニューレコードはその手の好きな人が一度でも開いたら
最後
本当にやめられないメタルの泉になってますので
要注意ですぞ・・・・でも
それを恐れず、入りたいならこちらをポチッと→http://www.rockavenuerecords.com/


ロッケンロ〜〜〜ル>。<















posted by ゴリ at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マイナスからのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

再考

10年くらい前

自分は金欠のたびCDを売り
生計を立てる
そんな時期がありました。

学生の頃は
バイト代の殆どを酒と音楽に費やしていました(今もあまり変わらないけど)

兎に角興味のある物
為になりそうな物は取りあえず
買っていました。

ですので、ハズレも多く、それは即時に売っていました
ですので、売り慣れていました。

社会人になって
ギャンブルに填り・・・・

すると別に売る必要のないものまで売り出しました。

最初はまーこれは一曲ぐらいだしいいの
から始まり

あっ、これ廃盤だから高く売れる

キッスはもう頭の中に入ってる

もう聞き返さなくていい

次第には音楽からも興味が無くなり(そういう風になっていってしまった)

絶対残しておきたい物だけ

としてたら、500枚以上はあったCDが200枚程度になっていました。

生涯トータルで売った枚数は計り知れません500枚以上行ってるでしょう。

そして、近年色々な後悔が.com

ドット来ております。

だって、もう売って無いのいっぱいあるもん。
バンド名も忘れた、バンドの曲がここ10年上離れませんとか

そんななか、どうしても聞きたくなって、オークション探しまくっちゃった
これ↓


Rhymes of Lunacy

Rhymes of Lunacy

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Black Mark Germany
  • 発売日: 2008/12/22
  • メディア: CD




メメントモーライのファースト

PAのクレさんに言われるまでメメントモーリーと読んでました
mementi mori
モーりーだよね??

元キャンドルマスのボーカル率いるツインギターのバンド
全体的にドゥーミーで重い曲調
だけれど
スパッニッシュ風音階、アラビア音階、北欧独特のフレーバーが合わさり
唯一無二の音像
偶にビブラートが鼻につくけど(これが売った理由??)

最高だ〜〜〜
あーこれ何で売ったんだろう>。<

まー金がなかったんで売ったんですけど

逆に当時あまり好きじゃなかったけど、今聞いたら
やっぱり何で売ったんだというのも何枚かありますが

これどっかで買えるのか??

重さと言い今のメタル好きにも充分満足できると思います。

若干仰々しいところがあるかもだけど



メタルにも
色々なタイプがありまして
自分は当時はメロディー思考が相当強く
当時出だしたスラッシュメタルをあまり好んでいませんでした。
メタリカは出合い頭に聞いたので平気でアンスラックス、メガデスもいけましたが
スレイヤーは下手物扱いしてしまい、聞いてもいないのに敬遠をしてしまいました(最近聞いて大いに後悔しました)

そんな感じだったので、激しすぎる傾向は敬遠していました

その後のスラッシュは殆どかも知れません。
徐徐に聞いていくことになるのですが、

で最近のバーンの特集でスラッシャーが上げる
あなたにとってスラッシュのアルバムと言ったらで
殆どの人がこのアルバムを上げていました。



ボンデッド・バイ・ブラッド(紙ジャケット仕様)

ボンデッド・バイ・ブラッド(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2009/09/09
  • メディア: CD








ボンデッド・バイ・ブラッド(紙ジャケット仕様)

ボンデッド・バイ・ブラッド(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2009/09/09
  • メディア: CD




一年くらい前に別のアルバムを中古で買い
クランチの聞いたギターが格好いいバンドだと思っていましたが

これまた、これも最高にエッジが効きまくり
凄いテンションの一枚でした。

こんなアルバムが去年まで本邦未CD可とは驚きの内容でした。

まーもちろんスラッシュにそれほど加担してるわけではないので
大手を振って大名盤とはまだ、初聞きなのであれですが、

色々、聞けて最高>。<

って、話。
posted by ゴリ at 18:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マイナスからのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

アングル



さて、
新しく始まりました、新コーナー
マイナスからのCDレビュー

要は誰も知らない知らせてくれない
誰も興味がない?
CDを
多分、購入不可能なものなんですが、

ほらっ!!たまたまここ見た人が
数珠繋ぎで再発になったりしたら(ここにそんな発展性無いけど)

要は現在発売してないCDで、こんなに良いのに
何故再発しないんだと言うのを乗っけるコーナー

または欲しい物を書くコーナー

頼む、レコード会社再発してくれ企画

第1弾は
こちら
アングル1.JPG

CIRITH UNGOL
読み方わかりません。
シーリスアングル??
自分は勝手にカースアングルと呼んでおりました。

90年頃に出たアルバムで
このバンド自体は80年代初頭から活動しているバンド

ドラマティ久な展開というか仰々しいエピックメタルの先駆者として
知られているらしい(ディスクユニオンのフリーペーパーより

これを買ったのは発売当初で一発で気に入りました。

このアルバムは先に述べたような仰々しさと言うより
男らしいパワーメタルになっています。
パワーメタルと言ってもハロウィン以降のスピードメタルではなく
どちらかというとサイン オブ〜のマノウォーに感じ

凄い一本筋が通って格好いいメタルです。
叙情性には少し欠けますが、コードチェンジの展開や
バラエティーに富んでいつつ、そこまで散らかってない
アルバム構成は中々の出来です。

あっ、一般ウケはしないでしょう。
ですから、良い感じで書いているとメタルに興味がない人が聞いても
何も感じないでしょう。
って、どこにも売ってないでしょうけどね(−。−;

それにしても、凄いルックスだ>。<
アングル2.JPG

コレクターズで(海賊版)でどこぞやからでていたらしいです。

探せばあるかも!!

中古市場では1度目見たことありません。

因みに初期のアルバム
何枚か出ていますが、全然ピンと来ませんでした(’。’

今日は6月9日
ロックの日

ロックを楽しみましょう!!


ロックンローーーーール>。<



あれ?
意外にリンクがある!!
手に入るみたい。
正統派のヘビィーなのが好きなら(パンテラとかみたいにヘビィーじゃない)買いですな。
結構メジャーなの??



Paradise Lost

Paradise Lost

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Restless
  • 発売日: 2008/01/29
  • メディア: CD




Frost & Fire

Frost & Fire

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: One Way
  • 発売日: 1999/10/05
  • メディア: CD




King of the Dead

King of the Dead

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Metal Blade
  • 発売日: 1999/10/05
  • メディア: CD




One Foot in Hell

One Foot in Hell

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Metal Blade
  • 発売日: 1999/03/09
  • メディア: CD



posted by ゴリ at 17:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マイナスからのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする